イメージ画像

クレジットカード現金化の
実際の話

97%の還元率はあり得るものなのか

クレジットカードの現金化の中には、換金率97%なんてところも見かけることでしょう。
確かにこの換金率は大変魅力的なものであることは間違いありません。
しかし、現実問題として、この換金率はまず成立しないのです。
クレジットカードの仕組みがわかれば、こんな換金率は、なぜ成立しないのか分かります。
甘い話は注意してなければいけないのです。

まず換金率というものは、90%と設定すると10万円で9万円戻ってきます。
70%なら、7万円となります。
これがクレジットカードの現金化での手数料となるわけです。
よく考えれば、この換金率の差だけでも、2万円差があるわけです。
単純に誰でも高いほうにしたいのは当然のことといえます。
では、なぜそれがだめなのかを考えてみましょう。

クレジットカードで決済するのであれば、カードリーダーをリースすることになります。
決済金額に対して、1~5%の手数料を支払うことになるのです。
クレジットカードの現金化の経営と考えると、人件費も必要になるでしょう。
利益も上げなければ、やっている意味はありません。
そうなると、95%の還元率は、非現実的であり、困難なことなのです。
仮に97%にするならば、利益は存在しないどころか赤字になってしまうことでしょう。
それぐらい高いのです。
できないことをできるというこんな業者は、大変危険な相手であり、相手にしてはいけません。

仮にたくさんの取引きを繰り返して、デパート並みに取引金額があるとまで仮定して、1%で抑えられたとしても、利益を考え、初回の取 引きでこんな話をするかといえば疑問です。
数千万円の取引きなら、わずかなマージンでも利益が出ます。
実際のクレジットカードの現金化で、そんな巨大な取引になることはないでしょう。
だから、わきに小さな文字で、最大で97%と書かれているのです。

こうした甘い話に引っかかれば、せっかくのチャンスもふいになるでしょう。
現実的には、還元率は80%前半です。
あまり欲をかかないようにすることが大切でしょう。

このページの先頭へ