イメージ画像

クレジットカード現金化の
実際の話

クレジットカードの現金化の会社の安全性を確認できる住所の確認

クレジットカードの現金化は、やっぱり安心できる相手にしたいところです。
便利なものになればなるほど、どこからか悪意を持って行動する人が潜むようになってきます。
どんなものでも出てくる話ですが、クレジットカードの現金化にもたくさんいるのです。
ほかにも利用者がいて利益があがるものには、必ず悪意を持って近づいてくることを忘れてはいけません。
どうしたら引っかからないで済むのか。考えなければいけないのです。

インターネットを使って、現金化のサイトを見つけることからスタートするでしょう。
そこには、さまざまな情報があるでしょう。
何もなければ関心も生まないはずです。
還元率であったり、取引銀行がかかれたりしているはずですが、必ず会社概要というものがあるのです。
これがないところは、絶対に相手にしてはいけません。

この会社概要には、住所が記載されています。
記載されていない場合、どこにいるのかわからない相手と取引をすることができるでしょうか?
さらに、この住所が本物であるのかどうか、検証してみます。

簡単に検索してみると、大体の場所はわかります。
時には、レンタルオフィスだったりすることもあるでしょう。
もしも、危険な場所であると思ったら、取引はやめるべきです。
ほんの少しではありますが、こうした情報をしっかりつかんでいくと、思ってもいない情報をつかむことができるでしょう。
これが安全な取引の第一歩です。

次に、グーグルマップなどを使ってみてみるといいでしょう。
ストリートビューを利用することで、いったいどんなところで営業しているのか見ることができるのです。
会社があるはずの住所が、どう見ても民家の一軒家であることもあります。
空き地や廃屋になっていたりすることだってあるのです。
しっかり建物がなくても、勝手に住所は書くことができてしまうのが現状ということを考えると、こうした情報を調べるだけでも、安全か どうかの判断材料となります。
安全な取引のためにも、数分を割くことが重要なのです。

このページの先頭へ